男性ホルモンと髪の関係

男性ホルモンと抜け毛の関係

なぜ男性ホルモンがあるのか?男性ホルモンとは?

 

ホルモンには男性ホルモンと女性ホルモンがあり、男女どちらにもこの男性ホルモンと女性ホルモンをもっています。
しかし、男性は男性ホルモンが優勢で女性は女性ホルモンが優勢です。今回は男性についてのお話。

 

男性ホルモンと聞いたら抜け毛みたいに思っていないですか?そもそも男性ホルモンとは男性的な部分を担っているのです。

 

例えばムキムキの筋肉質が多いのも男性に多いですし、性欲が高いのも男性ですね。また争いごとや攻撃的(喧嘩)なども多いのが男性に多いのではないでしょうか?あとは体毛が濃いのも男性です。

 

男性ホルモンは男性っぽさを出すために必要な性的ホルモンなのです。

 

 

年を重ねるごとに髪の毛が薄くなっている気がする。

 

最近すごくべたつくのはなぜ?

 

ホルモンバランスと髪の毛はとても関係が深く、ホルモンのバランスを崩してしまうと頭皮環境が乱れ、抜け毛が多くなってしまいます。

 

さて今回は男性の人に関係がある男性ホルモンが影響した場合。

 

男性ホルモンは男性女性ともに持っているホルモンなのですが、男性ホルモンが男性にどう影響するのかを話していこうと思います。

 

実は男性ホルモンが影響していた皮脂量

 

ちょっとここで問題です。男性ホルモンは男性の体のどこで作られているでしょうか?

 

答えは睾丸です。どうでもいいですが・・・・

 

脂漏性脱毛症のきっかけとなる皮脂量の問題なのですが、実は男性ホルモンが皮脂の分泌量と大きく関係しているのです。

 

主に睾丸で作られているテストステロンという男性ホルモンが皮膚に運ばれます。この過程で酵素の働きでハイドロテストステロンというホルモンに変わります。

 

このホルモンが皮脂腺の分泌を活発にし、過剰な皮脂を分泌させてしまうのです。

 

皮脂が過剰に分泌するということは、頭皮環境は荒れに荒れます。頭皮がベタつくばかりか、髪の毛もベトベトになり、その皮脂や古い皮脂や汚れや雑菌といった刺激物によって頭皮ニキビがたくさんできたりします。

 

そうなると脂漏性皮膚炎の一歩手前。

 

脂漏性皮膚炎になってしまうと脂漏性脱毛症も時間の問題です。やがて抜け毛へと発展していくのです。

 

少し皮脂の話からそれますが、このテストステロンと5αリダクターゼを組み合わせることでジヒドロテストステロンという悪性の男性ホルモンを作り出してしまいます。このジヒドロテストステロンはみなさんもご存知だとおもいますが男性型脱毛症AGAの原因となっているものです。

 

これで分かったか!男性ホルモンの恐ろしさ!

 

これでわかったと思いますが、男性ホルモンは多くある脱毛症の中の特にメジャーで誰でもなりうる男性型脱毛症と脂漏性脱毛症の2つの原因を作り出してしまうのです。

 

怖いですね〜。

 

男性ホルモンが皮脂や抜け毛に関係してくる悪性のホルモンにならないようにするのを食い止めるのはかなり難しいのですが、要は頭皮に影響させなければいいので、直接頭皮をケアしていく事が、脂漏性脱毛症や男性型脱毛症を防ぐことになります。

 

ちなみに男性型脱毛症も脂漏性脱毛症も生え際や頭頂部といった箇所の薄毛をひどくしてしまうことがあります。特に生え際の薄毛は典型的な男性型脱毛症の症状です。その場合は男性用の育毛剤で治療していった方が良いでしょう。

 

 

 

 

 

メニュー

皮脂が原因

皮脂とは  頭皮のベタつき  頭皮の痒み  頭皮のにおい  ベタつくフケ

 

ホルモンバランスの崩れ

男性ホルモンと髪の関係  女性ホルモンと髪の関係  加齢  過度のストレス  生活習慣  思春期  妊娠中  産後

 

意外な原因

間違った頭皮ケア  女性にも増えている脂漏性脱毛症  シャンプー問題  エクステや整髪料などのヘアファッション

 

正しい頭皮ケア

これで脂漏性脱毛症は防げる!

 

トップページ