産後

産後はなんと5割以上のお母さんが髪の毛が抜けてるって本当?

産後は髪の毛が抜けるということを聞いていたのですが、まさか自分は抜けないだろう。と思ってませんか?

 

私が産後の抜け毛の話を聞くとなんと半数以上の方が抜け毛や頭皮のトラブルのことを話してくれました。とくに多いのは産後の抜け毛ということですが、それと同時に頭皮環境が一気に変わってしまったという人も少なくありません。

 

なぜ産後は抜け毛が増えたり、頭皮のトラブルが増えるのでしょうか?

 

妊娠中からホルモンのバランスが変化し、ヘアサイクルも乱れてきます。それが産後に毛髪の大半のヘアサイクルが休止期になってしまい抜け毛が起きるという事です。

 

ヘアサイクルとは髪の毛が生える→髪の毛が成長する(成長期)→髪の毛の成長が止まる(退行期)→髪の毛が抜ける(休止期)とうサイクルを繰り返すものです。

 

また産後はホルモンのバランスもまだ整っていないことからヘアサイクルによる抜け毛ともう一つ抜け毛になる可能性のあるリスクが存在します。

 

それが脂漏性脱毛症です。

 

ホルモンバランスが整っていないということは、頭皮に皮脂が過剰分泌しやすくなる可能性があり、そうなると髪の毛がべたついてきます。

 

髪の毛がべたつくということはもちろん頭皮もべたついていますので、かゆみが生じてくるはずです。

 

その次ににおいが出てきたり、悪化するとフケ症にまでなってしまいます。

 

フケが出ると要注意!

 

皮脂やふけは、雑菌やカビなどの餌となり繁殖を促してしまいます。雑菌やカビが繁殖することでさらに痒みや臭いはまし、頭皮に炎症を起こしてしまいます。

 

炎症が起きると毛根が破壊され、ヘアサイクルとは関係なく抜け毛が増えていきます。

 

脂漏性脱毛症は炎症部が可能して起きるため、化膿したあとの傷跡は瘢痕として残る可能性があり、肌が瘢痕の状態になってしまうと、毛根が破壊されているため、髪の毛が二度と生えなくなってしまいます。

 

これを瘢痕性脱毛症とも言うとのですが、これが一番怖いです。

 

なんの育毛も聞きません。そもそも瘢痕化したところには、毛髪細胞すらないのですから。

 

まあここまで行くのは希ですが、その可能性は否めないという事です。

 

放っておいてもいつかは治る?

 

ヘアサイクルの乱れによる抜け毛などは、半年から1年くらいで治ってきます。しかし抜けた箇所の髪の毛が元の髪質や量で戻るという保証はありません。

 

出産してから髪が細くなった。くせっ毛になったというお話はよく聞かされます。

 

また、今髪の毛がベタついたりフケが出ていたりしているのは、放っておいても自然治癒はしません。それなりのケアが必要になります。

 

なのでヘアサイクルによる抜け毛で髪質を元通りにしたいと思う人や髪の毛のベタツキや痒みに悩んでる人は、頭皮ケアを早めからやるようにしましょう。

 

ここでも注意があります。

 

頭皮ケアは育毛剤の使用になるのですが、産後はまだ体質が完全ではありません。また授乳期という方も多いと思うので、使う育毛剤は完全無添加の安全性の高いモノを選ぶと安心です。

 

メニュー

皮脂が原因

皮脂とは  頭皮のベタつき  頭皮の痒み  頭皮のにおい  ベタつくフケ

 

ホルモンバランスの崩れ

男性ホルモンと髪の関係  女性ホルモンと髪の関係  加齢  過度のストレス  生活習慣  思春期  妊娠中  産後

 

意外な原因

間違った頭皮ケア  女性にも増えている脂漏性脱毛症  シャンプー問題  エクステや整髪料などのヘアファッション

 

正しい頭皮ケア

これで脂漏性脱毛症は防げる!

 

トップページ