シャンプー問題

今使っているシャンプー自分に合ってますか?

自分の肌に合わないシャンプーを使うと、頭皮が荒れて吹き出物ができたり、髪の毛がやせ細ったり、抜けたりします。

 

なんかシャンプー変えてから頭が痒いな〜などは要注意かもしれません。

 

今使っているシャンプーは自分に合っていますか?

 

シャンプーが合う合わないは人それぞれで、シャンプーに含まれている成分に関係しているようです。

 

シャンプーの成分には高級アルコール系、石鹸系、アミノ酸系、ベタイン系など色々な種類の成分が製品ごとに使われています。

 

その中でも市販で量販されているシャンプーの殆どは、値段が安く設定されていることから高級アルコール系の洗浄成分を使用しているものが多くあります。

 

高級アルコール系の洗浄成分にはラウレス硫酸という洗浄成分が使われており、このラウレス硫酸は少量でも洗浄に優れておりしかもコストが安くできるので、低価格設定のシャンプーにはほとんどこのラウレス硫酸が使われております。

 

おそらく市販のシャンプーで頭皮に合わない原因はこのラウレス硫酸。

 

さらにこのラウレス硫酸は洗浄力に優れていることから、髪の毛がパサつきやすいため、それを補うためにシリコン剤をつかいパサつきを抑えるようにしています。

 

ラウレス硫酸とシリコンどちらも科学物質なため頭皮によくありません。頭皮が荒れるとすればこの2つのどちらかが原因でしょう。

 

植物性のシャンプーは安全?

 

また植物性シャンプーも人によっては合わい方もいます。

 

植物アレルギーというのをご存知でしょうか?植物性のシャンプーで荒れる人はこの植物アレルギーを持っている可能性が高いのです。

 

ほかにもアミノ酸系など頭皮にやさしい洗浄成分もあるのですが、人のカラダは何に対してアレルギーをもっているのかわかりません。

 

なので自分が使ってみて調子が悪かったり、頭皮が荒れたりしたシャンプーは使わないようにすることです。
頭皮が荒れるということは頭皮が炎症し化膿していることが多く、それは脂漏性脱毛症にもつながりやすくなっていきます。

 

まとめると、一度頭皮が荒れたシャンプーは使わない。肌質が変わって同じシャンプーを使用してもあれなくなった、ということはごく稀です。

 

次にシャンプー後特に市販のシャンプーをお使いのときは頭皮はアルカリ性に向いているので、人間の肌質と同じ弱酸性に戻していくことが必要です。

 

これは弱酸性よりのトリートメントやリンスなどでカバーしていきましょう。

 

またシャンプーやトリートメントに含まれるシリコンが頭皮に残ることを残留シリコンというのですが、これも頭皮環境を悪化させてしまうので、しっかりシャンプー前後に頭皮をケアしましょう。

 

メニュー

皮脂が原因

皮脂とは  頭皮のベタつき  頭皮の痒み  頭皮のにおい  ベタつくフケ

 

ホルモンバランスの崩れ

男性ホルモンと髪の関係  女性ホルモンと髪の関係  加齢  過度のストレス  生活習慣  思春期  妊娠中  産後

 

意外な原因

間違った頭皮ケア  女性にも増えている脂漏性脱毛症  シャンプー問題  エクステや整髪料などのヘアファッション

 

正しい頭皮ケア

これで脂漏性脱毛症は防げる!

 

トップページ