間違った頭皮ケア

間違った頭皮ケアが抜け毛を引き起こしてるという事実

実は遺伝による先天的な抜け毛で頭皮が薄くなるひとは薄毛人口の約20〜30%だと言われています。という事はですよ、残りの薄毛の人は後天的なものが原因なのです。

 

後天的というと例えば生活習慣や間違った頭皮ケア。

 

生活習慣は仕事をしているとどうしても乱れてしまうもので、これを理由に諦めている人のなんと多いとおもいます。

 

生活習慣は長い目で徐々に治していくようにしてください。

 

ここで話したいのは生活習慣を改善する方法ではありません。正しい頭皮ケアの方法を話していきたいのです。

 

だけど頭皮ケアを頑張っているあなたも実はそのケア方法が間違っているせいで、頭皮の環境が余計に悪化してませんか?

 

ちゃんとやっているはずなのに、なぜか頭皮がベタつく、痒くなる、臭う、抜けるなど

 

頭皮ケアは間違うと、余計に頭皮環境を悪くしてしまいます。

 

正しい頭皮ケア方法とは?

 

もったいぶっても仕方ないので正しい頭皮ケアについて話していきます。

 

シャンプーの仕方が間違ってないか?

 

シャンプーの仕方を間違えると、頭皮に傷がつき、余計に頭皮環境を悪化させてしまいます。シャンプー前にクレンジングでその日の汚れを浮かせていきます。その次にシャンプーをするときの1シャン目は泡立て程度で汚れをさっと浮かせます。2シャン目でしっかりシャンプーをしていきます。

 

この時絶対に爪でガシガシかかないように注意します。たしかに爪でガシガシすると、洗っている感じがするし、痒みもなくなるのでとっても気持ちの良いものなのですが、それはかえって頭皮を傷つけるだけ。

 

頭皮が傷つくと、余計に皮脂や体液が分泌しやすくなります。余計な皮脂は頭皮環境を悪化させるだけなので気をつけましょう。

 

シャンプー時には爪ではなく、指の腹で揉むように頭皮を洗っていきます。

 

またシャンプーが終わったらしっかりとシャワーで洗い流しましょう。洗い残りがあると、シャンプー剤や汚れが頭皮に残ってしまい、頭皮に刺激を与え炎症の原因となります。

 

またシャンプーは1日に何度もしないこと。

 

シャンプーを何度もすると、頭皮に必要な皮脂まで綺麗さっぱり取り除いてしまいます。そうすると皮脂量が足りないと頭皮が判断して余計な皮脂を分泌してしまうことに・・・・。

 

なのでシャンプーは1日の終わり夜寝る前に1回のシャンプーで2シャンが適量です。

 

使うケア剤は合ったものを使ってますか?

 

頭皮に合わないケア剤、例えばクレンジングやシャンプーや育毛剤を使うと頭皮に刺激がのこり、それがかゆみの原因となってしまいます。また成分によってはアレルギー反応が出てしまうことも。

 

まずはとりあえず使ってみて合わないと思ったらすぐにでもしようを中断すること。

 

出来るだけ無添加なモノが良いでしょう。

 

 

マッサージはしてますか?

 

頭皮をマッサージすることで頭皮の血行が良くなります。血行が良くなるということは髪の毛に必要な栄養素が血液として毛根に行き届きやすく、髪の毛の成長を促進します。

 

やり方としては、クレンジングや育毛剤を付けた時に、指の腹で頭をまんべんなく揉みほぐしてあげると良いでしょう。

 

しっかりドライヤーで乾かしてますか?

 

しっかりドライヤーをつかって頭皮を乾かしましょう。ただでさえ頭皮は髪の毛で湿気がこもりやすく、湿気があるところは雑菌やカビの格好の住みかとなってしまいます。
なのでドライヤーでしっかりと乾かして頭皮を乾燥させます。

 

もちろん皮脂はありますから、完全に乾燥はしないのですが。

 

これらが頭皮環境を整えるための正しい頭皮ケア方法になります。

 

また頭皮につけるものは、長いスパンで考えた場合、長期的に使えるように安全性の高いモノを選んだほうが良いでしょう。

 

育毛剤のことで知識をつけたいものがあればこちらのコンテンツも良いです。

 

女性向けのコンテンツですが参考になります。

 

美容師推奨の育毛剤マイナチュレ

 

メニュー

皮脂が原因

皮脂とは  頭皮のベタつき  頭皮の痒み  頭皮のにおい  ベタつくフケ

 

ホルモンバランスの崩れ

男性ホルモンと髪の関係  女性ホルモンと髪の関係  加齢  過度のストレス  生活習慣  思春期  妊娠中  産後

 

意外な原因

間違った頭皮ケア  女性にも増えている脂漏性脱毛症  シャンプー問題  エクステや整髪料などのヘアファッション

 

正しい頭皮ケア

これで脂漏性脱毛症は防げる!

 

トップページ