女性ホルモンと髪の関係

女性ホルモンと髪の関係

女性ホルモンが髪にはあっているって本当?

 

前の記事で人間には男性ホルモンと女性ホルモンのどちらも持っており男性は男性ホルモンが優勢、女性は女性ホルモンが優勢と言いました。

 

今回は女性ホルモンについてです。

 

女性ホルモンは自律神経を安定させたり、髪をキレイに保ったり、体をしなやかに作る作用があります。また女性特有の生理や妊娠にも関係してきます。

 

ここで注目してもらいたいのが髪をキレイに保つというところです。
気づいている方もいると思うのですが、女性ホルモンは髪の毛を増やしたり綺麗な髪の毛にしたりといった、髪の毛の育成にとても必要なものなのです。

 

女性ホルモンと男性ホルモンは頭部では別々の箇所に大きく作用している

 

頭部をホルモン別で考えた場合、頭部の上が男性ホルモンが優勢で、頭部の下が女性ホルモンが優勢です。

 

なので男性型脱毛症は頭部の上の方の男性ホルモンが優勢となり、髪の毛が抜けるのです。逆に頭部のしたの方は結構髪の毛が残ってませんか?それは女性ホルモンが優勢だからです。

 

さて女性に多いとされる女性ホルモンですが、やはり女性にも薄毛になっていく方が多いのです。特に年を重ねるごとに女性も髪の毛が薄くなっていきます。

 

女性ホルモンの頭皮への影響とは?

 

女性ホルモンにはエストロゲンという物質があり、それが毛乳頭に作用し髪の毛のヘアサイクルを引き伸ばすことができるのです。要するに髪の毛が生えてから抜けるまでの期間を長くすることができるのです。
それで女性の髪の毛は綺麗なロングヘアができるのです。

 

問題はここからです。

 

この女性ホルモンにはエストロゲンという物質があり、それが減少することで髪の毛が細くなったり、毛先がパサついたり、抜けたりします。

 

また女性ホルモンは年齢を重ねるごとに徐々に少なくなっていきます。加齢によって女性ホルモンが減少した女性は、更年期障害にかかりやすくなります。

 

更年期障害にかかると、動悸や発汗などがでてきて、さらに精神不安定になります。また皮脂の過剰分泌にも注意が必要です。

 

それは女性ホルモンが減少していることによって男性ホルモンが優勢となっておりそれが原因で皮脂が過剰に分泌しやすくなっているのです。

 

加齢は仕方ありません。だれだって年をとりますから。

 

しかし綺麗な髪の毛を持続させたいのならば、そのあとの頭皮ケアにかかっています。

 

メニュー

皮脂が原因

皮脂とは  頭皮のベタつき  頭皮の痒み  頭皮のにおい  ベタつくフケ

 

ホルモンバランスの崩れ

男性ホルモンと髪の関係  女性ホルモンと髪の関係  加齢  過度のストレス  生活習慣  思春期  妊娠中  産後

 

意外な原因

間違った頭皮ケア  女性にも増えている脂漏性脱毛症  シャンプー問題  エクステや整髪料などのヘアファッション

 

正しい頭皮ケア

これで脂漏性脱毛症は防げる!

 

トップページ